河合歯科医院

MENU

矯正歯科

矯正歯科

歯並びがデコボコだったり、前歯が出ていたり、上下の歯が適切な位置で噛んでいないことを『不正咬合』と言います。来院される患者様は見た目を気にされて来院されることが多いですが、噛み合わせや歯周病の影響など、潜在的な問題が歯並びの乱れに影響しています。私たちが大切にしていることは、患者様のご希望と現状の問題点を十分に考慮した治療計画をご提案することです。(症例の難易度によっては専門機関をご紹介いたします)

成人矯正

歯と歯茎が健康であれば、矯正治療に年齢制限はありません。患者様一人一人、必要な期間や方法が異なるため、ご自身に合った治療計画をご提案いたします。

  • マルチブラケット装置
  • インビザライン(マウスピース型カスタム矯正)
成人矯正

小児矯正

乳歯が永久歯に生え変わる時期に適切な矯正治療を行うことで、将来の歯並びを良い状態に誘導できます。(一期治療)誘導するための装置は多岐に及びますが、お子様の状態によって適切なものを選択いたします。遺伝的な要因が大きい場合は永久歯が生えそろった後にマルチブラケット装置を使用する二期治療に移行する。またはそれまで待つことがあります。

小児矯正

歯並びの乱れによる影響

虫歯・歯周病

歯並びと歯周病に相関性はないとの研究論文があります。虫歯や歯周病の原因としては歯磨きや食生活習慣の方が影響する可能性が高いです。ただし実際に患者様を診療していると、歯並びの乱れから歯磨きの手間がかかっている、または噛み合わせが不正となることで虫歯や歯周病になっているケースをよく見ます。歯並びが綺麗で噛み合わせのバランスが取れていた方が、お口の中の衛生環境の改善に繋がります。

虫歯・歯周病

頭痛・耳鳴りなどその他

歯並びの乱れによって噛み合わせのバランスが悪くなり、神経が圧迫されることで起こる可能性があります。または不正な噛み合わせによる上下の歯の過干渉が、歯ぎしりや食いしばりとして現れることもあります。

頭痛・耳鳴りなどその他

抜歯矯正について

当院は、なるべく歯を抜かないで治療できるように取り組んでいます。ですが口元が出ていたり、デコボコの程度が強い場合、どうしても抜歯せざるを得ないケースがあります。これには治療期間や患者様のご希望にも関わりますので、しっかり診査診断しご説明させていただきます。

抜歯矯正