河合歯科医院

MENU

審美歯科・ホワイトニング

審美歯科・ホワイトニング

毎日歯磨きしていても歯はだんだん黄ばみを増していきます。こういった歯の着色の原因は、加齢現象や毎日の食事で口にする色の濃い飲食物、タバコのヤニなどです。ホワイトニングではこういった色素沈着に対して、歯を削らずに薬剤で白くすることができます。当院ではウルトラデント社(USA)の『オパールエッセンス』と『オパールブースト』というホワイトニング用薬剤を使用しています。これらの薬剤は他社製品と比較して、使用中のお口の中の不快感が非常に少ない、歯の知覚過敏を起こしにくいという特徴を持ちます。ホワイトニングは専門スタッフの指導のもとで行いますのでご安心ください。(効果には個人差があります。)

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、自宅で行うホワイトニングです。
歯科医院で「マウストレー」を作成し、ご自宅でそのマウストレーに薬剤を入れて行います。少しずつ白くなっていくので白さを実感するのに2週間ほどかかりますが、オフィスホワイトニングより持続時間を長く保つことができます。

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、クリニックで行うホワイトニングです。短い時間で歯を白くできるので、即効性に優れています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングの流れ

1、カウンセリング
ご希望やお困りごとをお聞きし、患者様ご自身にとってどのような方法が最適かご説明します。現在の状態と理想的な白さについて確認します。
2、検査
虫歯や歯周病、特に知覚過敏がないかチェックします。
3、マウスピース製作
歯型をとり、次回来ていただいた際にマウスピースと薬剤をお渡しします。
4、ホワイトニング剤の注入
歯をしっかり磨いてから、マウスピース内面に薬剤を塗布してください。歯1本あたり米粒程度が目安です。
5、マウスピース装着
鏡で歯に薬剤がいきわたっているか確認しましょう。マウスピースから溢れた薬剤は拭き取ってください。
6、洗浄
一定時間が経ちましたら、マウスピースを外しお口もマウスピースもよく洗浄してください。薬剤は冷蔵庫で保存しましょう。

まれに薬剤の作用によって知覚過敏を生じることがあります。
ホワイトニング期間中、歯みがきや冷たいものがしみる等の症状が出ましたらご相談ください。
4〜6を14日くり返します。二週間後、効果を確認しますのでご来院ください。

ホワイトニングの効果が出にくいケース

  • ①神経がない歯の変色は歯の内部から変色しているため、インターナルブリーチという治療が適している場合があります。ほとんどの場合インターナルブリーチ前に神経の治療のやり直しが必要になります。
  • ②先天的な変色、修復物の変色に対してはホワイトニングの効果が出にくいことがあります。こういった歯に対してホワイトニングをご希望される場合は、審美セラミック修復等が適応となることもあります。