河合歯科医院

MENU

虫歯治療

虫歯治療

虫歯治療

虫歯

虫歯になると、痛みが出て日常生活に支障をきたし、重症化すると歯を失うこともあります。当院では早期の予防、適切な治療をさせていただき、一生ご自身の歯でお食事していただくためのお手伝いをいたします。

歯にばい菌が付着し清掃されないと、プラークという汚れを形成します。プラーク内の菌が酸を出すことにより歯が溶かされ穴ができます。進行性の病気で生活習慣と関わっているため、極めて速く進行し痛みを伴うことがあります。放置しても自然治癒することはなく、進行するほど治療が複雑になります。症状は冷たいものがしみる、重症化すると何もしてなくても痛い、冷温どちらもしみる、噛むと痛い、などですが歯の状態によっては全く痛みが出ない場合もあり、注意が必要です。原因は歯ブラシでの清掃の習慣がない、習慣があるが適切にできていない、不規則な食生活習慣が考えられます。

治療方法は進行を止める、削って詰める。ごく初期の小さい虫歯は場合によっては削らずに予防することも可能です。止むを得ず削って詰める場合には、削る範囲は最小限にして極力天然の歯を残せるようにします。大きく進行している場合、止むを得ず神経の治療が必要になる場合もあります。基本的に虫歯の数が多いほど、進行していると治療は複雑になり、通院回数は多くなります。その際治療をできる限り無痛で受けていただくため、河合歯科医院では様々な工夫をしています。

治療を行うにあたって大切にしていることは、患者様への正確な診査・診断とご説明です。治療の痛みが少ない、綺麗な白い歯が入る等は一部の例外を除いて当たり前のことです。患者様が、ご自身の状態を正確に把握されて、治療方法をよく理解し、納得された上で安心して治療を受けていただきたいと考えています。その際の治療提案は科学的根拠のあるもの。そして患者様の生活の質、経済的背景に十分配慮したものであることを重視しています。

虫歯治療の種類(詰め物・被せ物)

ダイレクトボンディング
ダイレクトボンディング

軽度〜中等度の虫歯治療の第一選択。銀歯のように目立たず、歯を削る量は最小限に抑えることができる。保険適応・一部保険適応外

メタルインレー・クラウン
メタルインレー・クラウン

萌出したばかりの乳歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布することにより、唾液中に含まれるミネラルを取り込みやすくすることで再石灰化を促進します。

セラミックインレー・クラウン
セラミックインレー・クラウン

白い詰め物。セラミックは審美精密治療の修復材料として使用する。高い精度を得ることができるが保険適応外。

根管治療
根管治療

中等度〜重度の虫歯が歯の内部の神経に達している場合の治療法です。この治療の精度は将来的に歯の寿命を左右する要素となり得るため、私たちは最も慎重に結果にこだわるべきであると捉えています。(特にラバーダム防湿法・器材の滅菌等を徹底した根管内の無菌化が大切です)通常、麻酔を使用し無痛下で行います。顕微鏡で視野を6倍以上に拡大し、精密に歯の内部の感染を取り除き、薬剤で消毒し、神経の代替物を樹脂にてきれいに詰めます。しかし、一度神経を取ってしまった歯は耐久性が落ちる傾向にあり、天然の歯と異なる感覚となる場合もあり、治療精度を追求しても天然の歯には及ばないことはご理解いただかなくてはいけません。

痛みが苦手な方へ

虫歯

歯の治療が怖い理由の一つは『痛み』ではないでしょうか。当院ではできる限り痛みの少ない治療を受けていただくために麻酔針は極細のものを使用し、必要に応じて電動注射器・表面麻酔を併用するなど最大限の配慮をしております。

ただし麻酔はご自身の体質・状態によって効きにくい、または効きにくい部位(下の奥歯など)があります。『とても強い痛みが出ている』『大きく腫れてしまった』など強度の炎症を伴う場合は、追加の麻酔が必要になり、場合によっては患者様に無理をさせないために本格的治療を控え、初期はお薬等で対処することもあります。

治療後の痛み

虫歯

歯科において、名医の条件の一つに『痛くない』が挙げられるかと思います。ただし専門家の立場から申し上げると必ずしもそうとは言えません。残念ながらどんなに腕のいい医師が治療しても、治療後に痛みが出る可能性はあります。丁寧に治療するほど、処置後の痛みが出る場合があるのです。

例えば神経に近い虫歯は徹底的に取らなくてはなりません。その際、なんとか神経を残そうと努力した場合、一時的に痛みが出ることもあります。下顎の埋まっている親知らずを抜いた場合、傷口の痛みは強く出る傾向にあります。逆に詰めが甘いと痛みは出ませんが後々問題を起こすケースが多々あります。

これは一例ですが、大切なことは起こりうる痛みを予測できることです。一時的に治療後の痛みが出そうな時期、対処法は詳しくご説明いたします。

その上で治療方法をご自身で選んでいただくこともできます。いい治療だからといって歯科医が強引に治療することは決してありません。なるべく患者様のご負担を軽減しより良い結果が出せるように配慮して診療を行っております。